横山華山

KazanA Superb Imagination at Works

まだいた、忘れられた天才絵師。上下巻あわせて約30メートル! 《祇園祭礼図巻》を一挙公開!

横山華山《祇園祭礼図巻》(部分)天保6-8(1835-37)年 個人蔵

横山華山 Kazan - A Superb Imagination at Work

News

more

Events

more

忘れ去られてしまった
画家の全貌。

横山華山よこやまかざん(1781/4〜1837)は、江戸時代後期の京都で活躍した絵師です。
諸画派に属さず、画壇の潮流に左右されない自由な画風と筆遣いで人気を博しました。
曾我蕭白そがしょうはくに傾倒し、岸駒がんくに入門した後、呉春に私淑して絵の幅を広げた華山は、多くの流派の画法を身につけ、作品の画題に合わせて自由自在に筆を操りました。
江戸の絵師たちにも大きな影響を与え、その名声は当時日本中に広がっていました。
また、海外の研究者やコレクターからも評価され、欧米の美術館に優品が所蔵されています。
本展は、華山の多彩な画業を系統立てて紹介する初めての回顧展です。
曾我蕭白や弟子たちの作品も含め会期中あわせて約120点の展示で、かつて有名であったにも関わらず、忘れ去られてしまった画家の全貌を掘り起こし、
その魅力に光を当てます。ボストン美術館や大英博物館など海外に渡った作品も里帰りします。

横山華山《寒山拾得図》ボストン美術館蔵William Sturgis Bigelow Collection Photograph © 2018 Museum of Fine Arts,Boston